2度の結婚披露パーティ

結婚したのは主人と私が24歳のとき。
東京の閑静な住宅街にあるレストランを貸し切ってウェディングパーティをしました。
まだ若かったから、式にそれほどお金をかけられなかったということもありますが、
披露宴という形式ばったものよりカジュアルな会費制の立食パーティ形式にしたかったからです。

招待客は友人と親戚のみ。
会社の人を呼んだ場合、上司の方を立ちっぱなしにさせるのも申し訳ないし、ご祝儀などをいただいた場合もお礼が大変だなあと思い(だから会費制にしたのです)、会社の人には「身内だけで式だけをやります」と言ってありました。
私の方はラフな業種ということもあり、会社の者同士でも結婚式に呼ぶようなことがほとんどなかったのですが、主人の方の会社は少し堅い昔ながらの会社で、式には「上司がスピーチ」「お祝いは部全員で1人いくら」などこれまでの風習が残っている感じでした。
ですので、主人が「身内だけで」と言ったときは、上司の方は少し寂しそうだったそうです。

自分たちの希望どおりの立食パーティをして、新婚旅行から帰ってきたときのことです。
なんと主人の会社の人たちが、手作り結婚披露宴をしてくれることになったのです。
主人の話によると、「若くして結婚したから金もないだろう。でも披露宴は奥さんも喜ぶししといた方がいいぞ。」と上司や先輩が考えてくれたらしいのです。

なんて主人はいい方たちと仕事をしているのだろうとびっくりしました。
心遣いがとても嬉しかったです!

が…もう口が裂けてもパーティをしたなんて言えないです。

当日は夕方から区のホールのような場所を披露宴の会場にセッティングして行いました。
飲み会の延長のような感じでもありますが、準備もお料理の手配もしていただいたうえに、社長さんからのスピーチ、先輩たち(男性)の手作りウエディングケーキ、余興。。。と本当にうれしくて涙が出ました。

今もそのことを思い出すと、結婚式や披露宴はちゃんとやってもよかったかなーと思うこともあります。自分も少し歳をとったので、今結婚式をするなら、親戚の方はもちろん、お世話になっている方はきちんとお呼びするべきかも、とも思います。いろいろな人に支えられて生活しているのですから・・・

でも、今でももちろん、会社の人が家に来るときは、友人たちとの立食パーティの写真をしまうことは忘れないように気を付けています。