結婚は出会った時に決まっているのではないかと思います。

結婚というのは意識をしなくても、来る時には来ると言うことを、今になって分かりました。
結婚したいと思うことは、今まで何度となくありましたが、そのたびに「この女性で良いのか」と思うことが多かったのも事実です。
この女性でいいものかと、自問をしないといけない時点で、結婚をするべきではないのかもしれないですね。

出会った時にこの人しかいない、と断言出来るような恋であれば問題はないでしょうし、後からいろんな出来事が待ち受けていますから、一緒に乗り越えられるような人でないといけません。
最初から不安があるようでは、結婚後を心配してしまうのも、無理はないでしょうね。

しかし、結婚のことを考えると今の嫁の場合は、全く違いましたね。
「この人と結婚するだろう」と始めてデートした時に分かりましたね。
さらに言えば、この人と結婚すれば家庭は円満な家庭が出来ると、想像できたのも事実ですね。

真剣にお付き合いをするまで分からないこともありますが、大きな部分、人間的な良さはお付き合いの部分で、ほとんどのことは分かると思うのです。
その時に。この人は内心からキレイな心の持ち主だ、と思うようになりましたね。

彼女(嫁)とデートをしていると、自分にはもったいないと思うことが多かったのですが、今もたまに自分の嫁が自分の嫁なのか不安に思うことがあります。
1年で結婚という話になりましたが、それまでほとんどケンカというものはなかったです。

結婚式の段取りの時にケンカになって、多分向こうはマリッジブルーになったのではないでしょうか。
マリッジブルーに、なりたいが為の作戦だったのかもしれないですけどね。
その時は、結婚が破談になるかもしれないと思う程のケンカになりましたが、まあ、結婚出来て良かったと思います。

今は昔話で話が出来るので、良い思い出ということで収まるでしょう。
結婚してない人は、結婚とは出会った時に決まっていると思えば、楽になると思いますよ。