披露宴よりもフォトウェディング!

私は結婚するにあたって、挙式・披露宴は行わずに、フォトウェディングを選びました。
元々、挙式・披露宴に対する憧れがなく、準備が面倒そう、ゲストのマナーの悪さなどが気になり、行わない事を決意しました。
でも、ドレスに対する憧れはありました。
しかも、有名なブランドドレスが着たいという願望が。
なので、フォトウェディングという形をとることにしました。

インターネットで衣裳屋さんを探し、憧れのブランドドレスを扱っているお店を見つけて予約しました。
iPadで着たいドレスをピックアップし、早速試着します。
ウェディングドレスは、その時の新作を選びました。
プリンセスラインで、トレーンが長く、とてもゴージャスなものでした。

ウェディングドレスは即決したのですが、カラードレスは少々悩みました。
それまでのカラードレスのイメージは、単色物でしたが、お店の人に柄物も可愛いですよ、と勧められ、
試着してみると、想像よりとても可愛かったのです。
単色もとても可愛かったのですが、悩みに悩んで柄物にしました。

折角のフォトウェディング。ドレスだけではなく、和装も着ました。
白無垢は、頭がリボンになっているとても個性的なものを選びました。
色打掛は、洋柄にしました。赤をメインに、グラデーションがとても綺麗なものを選びました。

写真撮影当日は、ドレスは洋館を貸し切り、撮影に臨みました。
洋館とドレスの雰囲気があっていて、とても満足な仕上がりになりました。

和装は、日本庭園に出向いて撮影しました。
こちらも、とても雰囲気のある写真になっていました。

ドレスや場所にこだわることができたので、フォトウェディングに大満足しています。
形に残りますし、なにより憧れのブランドドレスが着られたことが、とても嬉しく思っています。