最終的に結婚した相手は同級生

私は昔から恋多き女でした。
片想いから両想いから、今までたくさんの男性に恋をしてきたのです。
それぞれ素敵なポイントがあり、世の中には本当にいろんな男性がいます。

一回り以上年上のダンディな経営者や、自己中なイケメン、二つ年下のフリーターなど。
付き合っていく中でいずれ結婚したいとは漠然と思っていたのですが、結局私が結婚した相手は高校の同級生でした。

それまで好きになるタイプの男性って、どこかクセがある人が多かったのですが、それは恋愛ならクリア出来たクセで、結婚となるとそのクセが気になり、結局無理だったんです。
結婚するべき相手ではないと、無意識に分かっていたのかもしれませんね。

旦那さんとは久し振りの再会から話が盛り上がり、わりとすぐ付き合うことになり、結婚までとんとん拍子でした。
同級生ということもあり、今までの恋愛とは違い、背伸びをする必要もなく、自分を良く見せようと無理をすることもなく、ありのままの自然な私でいられました。

同級生なので私のことをよく知っている相手ですからね、そのままでいられたのです。

だからこそ、恋してるときのようなドキドキ感はあまりなくて、落ち着いた平和で平凡な付き合いをしていました。
それを前の私ならつまらないと思っていたかもしれません。
ですが、もういろんなクセのある男性を見てきたからこそ、彼といる平凡な毎日にとても癒されました。

そのとき「結婚」を自然にイメージ出来ましたし、私たちにはプロポーズというものはなく、結婚へと進んでいきました。
お互いの両親に会っていたのもあり、周りが結婚へて導いてくれたのもありますね。

恋をたくさんしてきたからこそ気付けた彼の良さ。
たくさん辛い思いもしてきた今までの恋愛も、無駄ではなかったと思います。

たくさん恋をして、いつか私のように等身大で向き合える相手に巡り合えたときが、ひょっとしたら結婚をするタイミングかもしれませんね。

今は平凡で毎日がとても平和です。
こんな結婚生活が送れてすごく幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>